Welcome to my blog

    一人でyou ve been tryin

    ARTICLE PAGE

    きてました

    まずコメント頂いた術忍さま、有難う御座います。

    まぁ、アレですね。。
    私の怒りに任せたガナリタテよりずっと説得力があり

    真に迫った思いが伝わりました。

    コメント欄での返信してもよかったのですが、

    その熱い想いに感動してついつい
    記事で取り扱ってしまいました。

    私の過激な発言については、、

    あまり深く考えないでただただ怒りに任せた瞬発力のみで
    書いているので何にとぞご容赦をm(_ _)m

    クソゲーツマラン・小 と書きましたが。

    クソゲーツマラン・大や極。果ては

    クソゲーツマラン十三周年記念なんて記事も考えては   
    いたのですが。

    忍術さんのコメントで少し頭が冷めました。

    と言うより共感してくれる人が居て溜飲が下がった?

    まぁそんな感じです。

    頂いたコメント丸々記事に引用したいぐらいです。


    それとやはり来てますね。彼ら。

     

     

    キャプチャ

     

     

    信ONリーダーにもブログ村にも全盛期ほどではないにしてもまだまだ更新をされているプレイヤーの方がおられます。

    しかし批判的な記事は殆どと言うか一切見ない。。
    みんな現状に満足してるのかな?

    それとも記事にするほどの内容でもない取るに足らない出来事なのでスルーしてるのかな?

    まぁ、とにかく気に入らない、不満がある、とにかくムカつく。

    そんなことがあったらどんどん記事にした方がいいと思います。
    (書き方は人それぞれ)

    なにも意見を言わずにただ無言を貫くと彼らは「満足している」「不満がない」と受け止めます。

    不特定多数の方へ向けて開陳している文章であり尚且つ運営が見ているのであれば
    不便に思うこと、頭にくること、ここはおかしい、と言う事はどんどん発信するべきだと思います。

    このゲームをしていて不満が一切ないという方がおられるとしたら
    そっちの方が逆に不自然です。

    関連記事

    2 Comments

    おちょび  

    お見事!

    いい記事書きましたね!
    奴等はみにきてるんやねー。
    これ見て参考にしてくれるのを
    願っております。


    前記事の術は、春陽。
    これマメな。

    2016/11/19 (Sat) 00:55 | EDIT | REPLY |   

    長谷川  

    コメントありがとございます。
    >これ見て参考にしてくれるのを
    願っております。

    私もそう思います、これからはイジケないでダメ元でいいと思った事を
    発信し続けていく考えです。

    春陽さん?
    私の記憶が正しければ両腕に猫の手の忍者さんだったかな?
    まぁそうであれ、そうでないにしても私はコメントの方と一度対戦がしたい、ただそれだけです><b

    2016/11/20 (Sun) 04:28 | EDIT | REPLY |   

    Leave a comment