セキュリティーについて

2017
25
こんにちは

ブログ復活しました。

今回はセキュリティーについて書こうと思います。

結構昔の話ですが信オンのアカウントをハッキングされて全財産を失ってしまった
方がおりましたね。

その方はキーストロークをログングする所謂「キーロガー」の仕業であったようです。

それと飛竜時代だったかな?
長谷川の知り合いも各種装備などを奪われていました。

今はもうそのようなことは無いのかな?

皆さんセキュリティーをしっかりしているようで昔ほどそのような話は聞きませんね!


信オンのプレイヤーさん達はどんなセキュリティーソフトを導入しているのでしょうか?

気になります(・∀・)

はたまたノーガード戦法の強者なんて方もいらっしゃるのでは(笑)

各社のセキュリティーソフトの成績表のようなものがあったので貼ってみます。

tプチャ 


ビットディフェンダー、PANDA、Trend Microが強いですね。

カスペルスキーとAVIRAは不調のようです。

F-SecureとeScanが上位なのは1位のビットディフェンダーと同じエンジンを使用しているからです。

まぁ、この成績表、実はあまり意味は無いのですがね。

本職の強者ハッカーは自分でウイルスをばら撒くことはしません。
自作のプログラムを売ってお金を設けているのです。

裏マーケットにはそのような不正プログラムを専門に扱うサイトがあるそうです。

ですから上記の成績表に列挙されているアンチウイルスでは事足りない場合が多々あります。

高検出で有名なカスペルスキーは独自のベイビア分析「振る舞い検知」とクラウド技術を
採用していますが独特の振る舞いで尚且つクラウドに登録視されていないウイルスには無力です。

ビットディフェンダーはAVCと言うアクティブウイルスシールドなる一種のサンドボックス的な
手法を採用しておりますがこれもカスペルスキーとおなじで全くの初見ウイルスには若干弱い網様。

同じく鬼のような更新頻度とクラウドで高検出を出すAVIRAもすべてをカバーできる訳ではありませんね。


これらの技術はすべてブラックリストをよういた「後追い」であり全くの新種を取り逃す可能性があります。

上記のテストもすべて既存のテストウイルスを用意た結果に過ぎません。

ハッカーはウイルスを作ってお金を稼いでいるので新種のウイルスは毎日何百と出現しますし
後追い技術では歯がたたないのです。

信オンプレイヤーの方でも「たまたま攻略サイトを覗いたらおかしくなった」的なことありませんか?

もちろんアンチウイルスは反応しません。。。

いま注目されているのは「ホワイトリスト方式」なるものだそうです。

PCmaticのスーパーシールドだとかFFRIプロアクティブとかのそれです、

ようするに世に出ている全てのプログラムを捜査して安全とされた情報をクラウドに保管して
管理する方法です。

ホワイトリスト方式のアンチウイルスがインストールされたPCでは安全であると確認が取れた
プログラムしか実行出来ないことになります。

安全と確認されたプログラムしか実行できないので例えば信オンのアップデート中などは
インストールされるファイルはすべて初見の物なので弾かれる可能性があります。

よってアップデート中はシールドを一時的に切る必要性があります。
そう言う意味では使い手を選ぶアンチウイルスだといえますねぇ・・


突然ですが長谷川が使用しているアンチウイルスを紹介したいと思います。

取り敢えず既に入ってきているウイルスに使用するのは


herdProtect  ←クリックするとサイトに飛べます


完全無料で非常駐型なのでリソースを消費しません、ゲーマーにはオススメ?

herdProtectは68種類のアンチマルウェアエンジンでスキャンができるマルウェア 
スキャナーです。 


サイトにあったイメージ図

キャプチャ 


68種類のエンジンを使用するので誤検出もあります。

アンチウイルス版「スター誕生!」とでも言いますか・・

ビットディフェンダーやカスペルスキーなど定評のあるエンジンにマルウェア判定を受けた場合は
削除しても差し支えないかと思われます。



そして入ってくるのを防ぐのに使用しているのは


Alert  ←クリックでサイトに飛べます


残念ながら有料ソフトなのですが機能が多彩です。


チャ 


セーフブラウジングにアンチエクスプロイトコード、キーストローク保護にウェブカメラ保護
USB保護、クラウドスキャナと至れり尽くせりなのでオススメです。

長谷川はこの2つを利用してウイルスを防いでいます。

まぁ。一番いいのはPCでは信オン以外実行しないことですかね・・

今はスマホがあるし攻略関係は全てスマホで見ればいいことだし。

終わり。


関連記事

0 Comments

Add your comment