パチンコと下痢と膀胱炎

2017
08
先日ひさびさにパチンコをしました(何年ぶりだろうか?

当たって勝てたのですが、プレイ中にオシッコを我慢しすぎて軽い膀胱炎になりました。。

私はパチンコをするとお腹を壊したりすることがよくあります。

これは癖なんです。

長谷川は無神論者なのでギャンブルでツキまくると「こんなに運が良いのはおかしい」
と穿った考え方をします。

そう言ったことを考えながら頭のなかで様々なことを整理しているうちに
「勝利の方程式」なる一種のジンクスのようなものを即興で考えてその状況に
刷り込んでしまうのです。

パチンコの場合だと

1 おぉーー当たった!すげぇじゃん!
  ジュース飲もう(^ν^)

2 おぉーー!また当たった!
  こ、これは、、もしやこのジュースの加護か・・・

3 おぉーー!また当たった!
  ジュ、ジュースが無くなってしまったではないか!
  こうしてはおれん早く新たなジュースを買いに行かなくては!

4 おぉーー!また当たった!
  も、もしや、、このジュース・・




このように台の横には常にジュースがある状態でなくなると退席して買いに行きます。
新しいジュースも「方程式」を壊さないために同じものを買います。
炭酸なんて飲んでいたら最悪です。




ジュースを買い足しに行くときついでに空き缶を捨ててしまえば良いのですが
頭の中は「方程式」のことしか無いので忘れます。
一度に複数のジュースを買うことも「方程式」壊すおそれがあるので禁止です。




台の脇は空き缶が積み重なっていて店員に嫌な顔をされます。

先日は八本ぐらい飲みました。





「幸運の方程式を持っていると言うギャンブラーは大なり小なり皆イカれている」

ジョージ・オーガスタス・サラ(1987-1860)


おしまい。





関連記事